何とかしようよニューオリンズ

http://www.nantokashiyouyo.net/

音楽溢れるニューオリンズ

偉大なジャズミュージシャンの名前が付いたルイ・アームストロング空港に到着すると、陽気なジャズのBGMが私を迎えてくれる。
目に飛び込んでくるのは「Big Easy !」と書かれた看板。「Big Easy」とは、「陽気な」といった意味の、この街のニックネームだ。

ハイウェイを走り、スーパードームが見えたら、もうフレンチクォーターへ到着 。 フレンチクォーターのメイン通りバーボンストリートを歩けば、溢れ返るさまざまな音楽に取り巻かれる。 ひと筋入れば、そこにはジャズの殿堂・世界最古のライブハウス、プリザベーションホールが待っている。
街のそこらじゅうにあるライブハウスやバーでは、音が鳴らない日は無い。
毎日悩まされるのは、どこのライブハウスをハシゴしようか?だ。

朝になれば、ニューオリンズ名物「カフェ・ドゥ・モンド」のドーナツ・ベニエを食べ、昼にはいろんなミュージシャンたちのストリートライブが楽しめる ジャクソンスクエアに、ワクワクしながら向かう。ここでしか観れない、スペシャルバンドに出会う為に。
ニューオリンズのミュージシャンは、誰でも歓迎してくれる。英語が喋れなくても、音で挨拶をし、音で仲間になる。

街を歩けば、昨晩ライブハウスでみたミュージシャンに出会うだろう。 宿の隣はミュージシャンが住んでいる。バスケを見に行っても、アメフトを見に行っても、ブラスバンドがいる。 カジノもボーリング場もショッピングセンターも、どこもかしこもライブ会場だ。
毎週日曜の朝は、教会からゴスペルが響き、昼になればブラスバンドのセカンドラインパレード。何時間もブラスバンドと一緒に、踊りながら街中をパレードする。 この街の人びとは音楽と共に生まれ、喜び、悲しみ、そして生涯を終える。

明日にはもう、日本に戻らなければいけないと思うと寂しくなる。
でも、ニューオリンズのミュージシャンたちは陽気な笑顔でこう言う。


「次は、いつ戻ってくるんだ?」

何とかしようよ.net